TOTAL:691,040 今日:115 昨日:478

☆第33期生 第2回 小松ボーイズ大会 ジュニアの部 優勝☆

■5月19日(土)から石川県にて第2回小松ボーイズ大会 ジュニアの部が開幕。
『名古屋富士ボーイズ』は、20日(日)の決勝まで勝ち上がり、迎えた決勝では、大阪の大阪都島ボーイズさんを相手に初回先制後、追いつかれはするものの4回に一挙5点をあげ、そのまま押し切り、見事に優勝!!
第33期として初めての優勝を摑み取りました。

【決勝】 vs 大阪都島ボーイズ

    2 - 7 優勝!

頑張れNF Fight!
チームイメージ
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

☆第34期生 入団式☆

4月1日(日)快晴の下、吉根グランドで『第34期生入団式 』が行われました。
名古屋富士ボーイズのユニフォームに身を包んだ新入団員は、ほんとうに輝いていました。
今後の34期生の活躍が楽しみです。それぞれの目標に向かって頑張れ34期生。

頑張れNF Fight!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

☆【第25回東邦ガス旗争奪大会】惜しくも準決勝敗退!全国大会出場逃す!!

 32期生R、2月17日(土)より、春季全国大会出場をかけた「第25回東邦ガス旗争奪大会」が開幕!1.2回戦を危なげなく勝ち進んだ32期生、準決勝で惜しくも全国大会出場の夢が途切れる!
頑張れNF Fight!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆【31期生(平成29年度卒団生)確定進路】
 <県外私学>
 ・大阪桐蔭高等学校(1名)
 ・大垣日本大学高等学校(1名)

 <県外公立>
 ・岐阜県立可児高等学校(1名)

 <県内私学>
 ・東邦高等学校(1名)
 ・愛工大名電高等学校(1名)                
 ・享栄高等学校(1名)     
 ・至学館高等学校(3名)    
 ・愛知高等学校(1名)
 ・愛知黎明高等学校(1名)
 ・誉高等学校(1名)
 ・菊華高等学校(4名)
 ・名城大学附属高等学校(1名)
 ・愛知啓成高等学校(1名)
 ・中部大学第一高等学校(1名)

 <県内公立>
 ・県立千種高等学校(1名)
 ・県立松蔭高等学校(1名)
 ・県立東郷高等学校(1名)
 ・県立瀬戸窯業高等学校(2名)

                         以上

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

☆【第14回愛・地球博記念アシックス旗争奪東海大会(J)】準優勝!

 33期生新J、12月3日に行われた「第14回アシックス旗」決勝戦、同点で迎えた最終回に勝ち越され、後1歩で優勝を逃す!頑張れNF Fight!
 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆【中日スポーツ杯第12回日本少年野球中日本ブロック選抜大会】ベスト4!

 32期生新R、12月2日に行われた「第12回中日本選抜大会」準決勝で敗れ、惜しくもベスト4で終わる。 頑張れNF Fight!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆【監督交代のお知らせ】

■平成29年9月1日付で、柳川豊澤監督が総監督(チーム運営)、青山富弘ヘッドコーチが監督に就任することになりましたのでお知らせいたします。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

☆<31期生>☆優勝!【第23回日本少年野球ゼット旗争奪東海選抜大会】☆

■8月13日(日)から15(火)の3日間の短期決戦で第23回日本少年野球ゼット旗争奪東海選抜大会が開幕。
『名古屋富士ボーイズ』は、持ち前の打線と鉄壁の投手陣で準決勝まで勝ち上がり、準決勝では愛知長久手ボーイズさんと対戦。序盤から好調の打線に火が付き、4回コールドで決勝に勝ち進んだ。
決勝では、滋賀県の強豪、湖南ボーイズさんと対戦。
決勝でも好調の打線が健在。序盤から得点を重ね、守備でも相手に付け入る隙を与えず、完封にて5回コールドで、見事に優勝!!

【決勝】 vs 湖南ボーイズ

    9 - 0 優勝!

頑張れNF Fight!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆<31期生>☆【第18回ボーイズリーグ鶴岡一人記念大会に選出】☆

■8月26日(土)、27日(日)に和歌山県で開催される第18回ボーイズリーグ鶴岡一人記念大会の選手の一員として、名古屋富士ボーイズから『土岐晃優選手』が選出された。
名古屋富士ボーイズの誇りを胸にベストを尽くせ!!

頑張れNF Fight!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆<31期生>☆優勝!【第24回春日井市長杯争奪東海大会】☆

■5月27日(土)から第24回春日井市長杯争奪東海大会が開幕。
『名古屋富士ボーイズ』は、1回戦、2回戦、3回戦を勝ち上がり、準決勝では春日井ボーイズさんと対戦。終盤に同点に追いつかれるもサドンデスの末、決勝に勝ち進んだ。
決勝では、愛知尾州ボーイズさんと対戦。
序盤に先制される苦しい展開であったが、6回表に連打で同点とし、迎えた最終回に持ち前の粘りで勝ち越すと、その裏の相手の攻撃を抑え、見事に優勝!!

【決勝】 vs 愛知尾州ボーイズ

    4 - 3 優勝!

頑張れNF Fight!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆<31期生>☆優勝!【小松ボーイズ20周年記念大会】☆

■5月20日(土)、21日(日)に小松ボーイズ20周年記念大会が開催された。
『名古屋富士ボーイズ』は、1回戦、2回戦、準決勝を持ち前の打力で突破し、決勝では、地元の小松ボーイズさんと対戦。
7回を終えて1-1の同点で迎えた8回裏、無死1塁、3塁の好機をものにし、一進一退の投手戦をサヨナラ勝ちで、見事に優勝!!

【決勝】 vs 小松ボーイズ

    2× - 1 優勝!

頑張れNF Fight!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆<31期生>☆ベスト4【第32回読売杯・中日本大会】☆

■5月3日(水)、4日(木)、5日(金)に、大飯球場にて開幕した第32回読売杯・中日本大会に出場。
『名古屋富士ボーイズ』は、準決勝で延長の末、東海中央ボーイズさんに惜敗したが、ベスト4の好成績を残した。

頑張れNF Fight!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆<31期生>☆優勝!【第8回北國新聞社旗争奪北陸大会】☆

■4月22日(土)から石川県にて第8回北國新聞社旗争奪北陸大会が開幕。
『名古屋富士ボーイズ』は、29日(土)の決勝まで勝ち上がり、迎えた決勝では、地元の鯖江ボーイズさんに序盤、苦戦を強いられるも、終盤に持ち前の粘りで逆転し、見事に優勝!!

【決勝】 vs 鯖江ボーイズ

    4 - 2 優勝!

頑張れNF Fight!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆<31期生>☆優勝!【第22回スポーツニッポン旗争奪大会】☆

■4月15日 『名古屋富士ボーイズ』は、準決勝 名古屋緑ボーイズさんを7-3で勝利。
決勝では、東海ボーイズさんを12-2と4回コールドにて撃破し、優勝!!愛知県西支部を制覇。
来月開催される第32回中日本大会に愛知県西支部1位として出場。

頑張れNF Fight!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
★30期生【第46回日本少年野球春季全国大会】出場!

全国39支部で予選を行い、小学部の部16チーム、中学部の部48チーム 計64チームで開催された「第46回日本少年野球春季全国大会」開会式が、3月26日(土)大田スタジアムで行われ、名古屋富士ボーイズは「愛知西支部代表」として出場!
開会式後の第3試合大田スタジアムで、東京都西支部代表の町田ボーイズと1回戦を戦う!全国大会の厳しさを体感する悔しい結果となったが、選手達には素晴らしい経験となった!

頑張れNF Fight!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

☆優勝!【第46回春季全国大会支部予選兼 第23回東邦ガス旗争奪東海大会】
  <第46回春季全国大会出場決定!>
■2/27(土)「第46回春季全国大会支部予選兼第23回東邦ガス旗争奪東海大会」が開幕し、津島市営球場で開会式が行われ『名古屋富士ボーイズ』は1回戦を突破、3/5(土)2回戦・3回戦を1点差で勝ち上がり、3/6(日)空見球場において、準決・決勝・・・熱戦の末、見事優勝!春季6年ぶりの全国大会出場を決めました!

<2月27日(土)アポロン球場>
1回戦 vs 愛知・名古屋北東合同チーム 
  0-11(4回コールド)勝利!

<3月5日(土)守山吉根グランド>
2回戦 vs 愛知木曽川ボーイズ      
  4-5 勝利!

3回戦 vs 愛知知立ボーイズ        
  3-2 勝利!

<3月6日(日)東邦ガス空見球場>
準決勝 vs 愛知知多ボーイズ        
  11-1(6回コールド)勝利!

決 勝 vs 愛知守山ボーイズ        
  4-8 優勝!

【柳川監督】
 「よくここまでこれた。体の大きな子もスターもいないが、雑草の子供たちが、きつい練習に耐えて伸びてくれました」

 OBに堂上剛裕(中日ー巨人)や濱田達郎(中日)を輩出した名門チーム。柳川監督は「彼らはうちにいたときからエリートだった。そんな子は今はひとりもいない。冬の間はずいぶん走り込みをやってきた。おかげで肉体も心も強くなってきました」という。
 相手のエラーにも助けられたものの、好機は送りバンドでプレッシャーをかけ続ける手堅さと集中力を発揮した。71歳のベテラン指揮官は「全国大会でもセオリー通りに攻めてミスを誘う野球をする」と自信を見せた。
(3月7日中日スポーツより)
 
優勝・全国大会出場おめでとう!

頑張れNF Fight!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

■名古屋富士ボーイズ/ファイターズ指導方針
 
柳川監督のもと、野球経験豊富なコーチにより構成されています。将来は高校や大学(それ以上)でも野球を続けたい、と 大きな目標を持って入団した子供達の為に、熱血指導をしています。目標を達成するには、指導者からの一方的な押し付けだけでは成り立ちません。 名古屋富士ボーイズ/ファイターズでは、選手たちが自分から目標に立ち向かう『自主性』を重視し、上手い下手ではなく『最後までやり遂げる 強い精神力』を養えるよう、指導しています。    
 
================================================
★役員・スタッフは「選手紹介」に記載してあります。
★名古屋富士ボーイズ/ファイターズ吉根グランドは「リンク」から確認出来ます。
★第24期生以前のホームページは「リンク」から確認出来ます。
================================================
名前
メールアドレス
タイトル
本文